アイオンボーカル教室のCHIHOです♥akn♥

今日は表現の話しですsei

ボイトレのサイトで“内耳共鳴”や“外耳共鳴”という言葉が出てきたりするのを見たことがありますでしょうか?にゃん

内耳共鳴”とは自分の声が体内で響き骨を伝わって聞こえる声。

外耳共鳴”とは外から聞こえる声。周りの人はこの声を聞いていることになります。

自分の声を録音して聞いたときに、こんな声なのか?!と驚かれたことがある方も多いと思います。

まさに、この共鳴の仕方の違いによって思ってた自分の声の聞こえ方と違うという感覚になります。

録音した声を聞いて、「自分の声キライ」とか「聞きたくない」という方がいらっしゃいますが、聞き慣れていないだけで、大切な自分の声には間違いないですsei

聞き慣れてくると、なんとも思わなくなりますし、キライとか言わないでくださいねハート

表現の話しで言いますと、自分の歌を録音して聞いたときに

「強く歌ったつもりが、そんなに強く聞こえないな」とか

「優しく歌ったつもりが、そこまで優しく出来ていないな」とか思ったことありませんか?

それがまさに、内耳共鳴と外耳共鳴での聞こえ方の違いです。

自分で思っているよりも、人が聞くとそこまで表現が伝わりにくいということです。

なので、思っているよりも2倍3倍で表現しようとするぐらいが、聞いている人にわかりやすく伝わり、率直に感動してもらえるのです。

例えば、舞台を見に行っていて、演者さんが一言「愛しているよ」というセリフでも、普通の日常のテンションでセリフを言われるより、ものすごく強い言い方で言われると、この人はこの人をこんなけ愛しているというのが一言でわかると思います。

聞いている人に伝えたいと思うことがより伝わるように、客観的に聞く耳を鍛えて、より感動してもらえる歌をうたってくださいsao☆

CHIHOAionマーク