アイオンボーカル教室のCHIHOです♥akn♥

前に、声の出るしくみのお話しをしました歯科

今回は、そこからの低音や高音を出すときの声帯の状態のお話しをさせて頂きますaya

声帯の2枚のヒダが中央に集まり閉じているような状態のときに声が出るというのはオッケーでしょうかsei

そこから声の高低を出すときには、声帯はどのような動きをしているのか!

そこでクイズですボタン

声帯は伸縮の動きをします。

さて、高い声を出す際には、伸びるor縮む、どちらでしょうか?

ドゥルルルルルルルルルルルルル!!

ジャーン!!

答えは、伸びるですsei

よく無料体験レッスンでこのクイズするんですけど、全然当たらなくていいんです手

想像してもらえたらいいなと思いクイズにしてますハート

わかりやすいイメージは、ギターの弦をチューニングするためにペグの部分を締めたり緩めたりするのですが、締めると弦の張りがピンと強くなり弦の振動数が速くなり高い音になっていきます。

逆に緩めるとブォーンと振動数が遅くなり低い音が鳴ります。

これを声帯に当てはめてください。

声帯に肺からの息があたり振動して声が出るというしくみに、声帯が伸びればその振動数は速くなり、縮めば振動数は遅くなります。

こうやって、わたしたちの声帯から生まれる声に高低がつきます。

そこで、トレーニングで万遍なく声帯を動かしてみましょうくちびる

今出る限界ぐらいの低音から裏声の高音まで「No」と小さな声で一息で出してみてください。

それを高音から低音、低音から高音を繰り返してください。

声帯の伸縮をトレーニングしましょうsei

そのときに、声が途切れたり、カスカスしないように気をつけましょう手

CHIHOAionマーク