みなさんこんにちは🙋

NOZOMIです✨

今日は少しマニアックなお話しです🎶

と言ってもわかりやすく書けたらと思います✨

テーマは

歌声に重要な筋肉

です(^^)

歌で使ってる筋肉はたーーーーくさんあるのですが

まず、

甲状披裂筋(こうじょうひれつきん)

これは声帯を閉鎖し、前後に短縮して声を低くします🎶

(声帯を閉鎖する筋肉は他にもあります)

そして、

輪状甲状筋(りんじょうこうじょうきん)

これは声帯を引き延ばし、高音発声にとても重要な筋肉です✨

簡単に言うと

✨甲状披裂筋は低音に必要な筋肉✨

✨輪状甲状筋は高音に必要な筋肉✨

なのです・・!

プロはこの筋肉の使い方(バランスの取り方)がとても上手です(^^)

上手く使えない例を挙げてみると・・

『強い声で張り上げてしまう方』

高音に必要な輪状甲状筋が上手く使えていません💦

昔の私・・笑🙋

『低音で芯があまり出ず息っぽく弱弱しくなってしまう方』

低音で甲状披裂筋が使えていない状態で1例めとは真逆ですね🙋

『中音域で低音と高音に割れてしまう方』

中音域での甲状披裂筋と輪状甲状筋のバランスがとれていない状態です💦

みなさんはどれに当てはまりますか??

これが分かっているとトレーニングしやすくなると思います(^^)

ちなみによく聞くミックスボイスというのは

低音の筋肉も高音の筋肉も上手に使えていて

上手にバトンタッチできるかどうかです✨

バランスが大切ですね(^^)

参考になれば嬉しいです🎶

NOZOMI