皆さんこんにちは

アイオンボーカル教室HITOMIです🎶

前回のNOZOMI先生の

ブログでもありましたが

歌を歌ってて音程が取りにくい場合

歌のメロディーの記憶が大事だったり

出したい音の力加減の記憶が大事だったり

というのを、説明してくれていましたよね✨

でわ本日は、それに続きまして

出したい音をしっかり出せてない場合

どうゆう風に細かく音を聴いて

その音を取っていったらいいか

というのを説明させて頂きますね(^^)

レッスンの時にも

先生が弾いたピアノの音に対して

『この音に合わせて声出してみて下さい』

と言われる事があると思いますが

その音に合わせて音程取るのが苦手な方は

先生が弾いたピアノの音に対して

声を出してみても、しっかりその音に

合わせれない時があると思います💦

その時に、ピアノの音に対して

自分が出している音が

低いのか?それとも高いのか?

を自分で音を聴いて感じます。

なかなか簡単なことではないのですが

これをすると音感(耳)も鍛えられていきます。

ただ、これは音感が全くない方だと

急にやれと言われても難しい事です。

なので、レッスン時であれば

先生に、自分の出している声が

ピアノの音に対して

低いか、高いかを確認してもらい

低い場合は徐々に音を上げていき

逆の場合ですと

音を徐々に下げていきます✨

そしてそのピアノの音にハマった時に

その音を

どような力加減で出しているか

感覚を覚え、その音を記憶します✨

なかなかすぐに出来る事ではありませんが

これも日々の練習で

音感を鍛えることが出来ます‼

もし家でやる際は、自分でピアノの音を弾いて

声を出してみて

高いのか?低いのか?

を感じながらやってみてください(^^)

ちなみに、ピアノは

携帯のアプリでも簡単に取れますよ🎶

そして、その出している喉の筋肉の感覚を

覚えていって、この音の時は

こうゆう力加減の出し方で出したらいいんだ

というのを感じていくと

徐々に、出したい音に対して

自分の声の音が当たっていくようになりますよ❣

日々のトレーニングは大変ですが

上手くなるためには

日々の努力も大事ですので

ぜひ試してみてくださいね(^^)

HITOMI