こんにちは、

ボイストレーナーCHIHOです🐱

 

今日のテーマは、

必要最低限の息の量で歌う

です🌟

 

以前にNOZOMI先生の

「小さい声で歌う」というテーマのときに

小さく歌う練習をすることによって、

たくさん使いがちな息の量を減らしやすくするということが

書いてありましたね🎵

 

たくさんの息を使うことは声帯への負担が

かなりかかります。

 

高音を出したい!声量を出したい!

ということでたくさん息を使っている人は、

きっと何曲か歌ったあとに、

声が枯れてきたり喉が痛くなったりしがちです。

 

そうならないためにも、

声帯に負担のかからない、発声が軽くできる、

必要最低限の息の量を体で覚えておきたいですね✨

 

エッジボイス(医学的にはヴォーカルフライ)という、

呪怨のかやこのような「ア゛ァーーー」という低めの声は、

地声になる前の声区で、息を出しているという感覚がほぼなく発声できます。

そんなすごく微量な息でも、声帯の振動は始まるのです。

 

そのエッジボイスから少ーしずつ息を増やすと地声になっていきます。

実際にやってもらうとわかりますが、

普段歌うときに出している息の量感よりも、すごく少なくても発声できるのです。

いかに息の量を無駄に使ってしまっていたかというのが、

きっと体感できると思います🌠

 

エッジボイスから地声やミックスボイスへの練習は、

息の量を少なくするだけでなく、声帯を閉じる力も鍛えれるので

すごくおすすめの練習です。

 

あと、私は歌うときにいつもしているイメージは、

口の中の真ん中ぐらいに壁があって、

そこから前に息が出ないように、

うしろにうしろに息を送りこむというイメージです。

 

なにも息のことを考えずに歌うと、

つい思っている以上に息の量を使いがちになるので、

そういうイメージからでも息の調節をするのもいいかと思います。

 

声帯に負担なく、そして軽い発声をすることで

無敵になりましょう😁

 

参考にしてみてください🎵

 

CHIHOAionマーク