こんにちは、

ボイストレーナーCHIHOです🐱

 

前回に、外国人の発声にはマネすべきコツがたくさんあるということで、

英語のように喉の奥が響く発声・発音をするように意識を!!

声を出す方向は前ではなく、後ろに!!

ということについて書かせていただきました☺

 

今日は子音の音(アクセント)を立てる、ということについて少し書きたいと思います🎶

 

まず日本語と英語の音の違いですが、

日本語は必ず「母音(あ、い、う、え、お)」だけ、か、「子音+母音」か、「ん」でできていて、

子音だけの音や、子音で終わるという文字はないです。

 

それに比べて英語は、子音で終わる音、子音+子音というのがたくさんあります。

 

洋楽を聴いてもらうと、日本人が思っている以上に子音の音が強く鳴っています。

まさに、そこがマネすべきコツなのです✨

 

日本語の歌でも、サビなど強い表現になると

言葉が1つ1つハッキリと強く聞こえます。

そのときに意識してほしいのが、

特に、英語の発音から見て

K「ック」(カ行)、S「スッ」(サ行)、T「ッツ」(タ行)

の破裂させやすくアクセントをつけやすい言葉です。

 

ぜひ、好きなアーティストの曲を聴いたときに、

サビだったり強い表現のフレーズでの

カ行、サ行、タ行の発音に注目してみてください。

思っている以上に子音が強く発音されていたりします。

 

そのフレーズの文字が8つあったとして、

その中の2、3文字でも強い子音があるだけでも

そのフレーズは強く聴こえます。

 

強い表現は、ただただ声量を大きく出せばいいということではなく、

声量はある程度あれば十分で、

発音を強くするということもとても大事です✨

 

発音を強くするのは、舌の運動をすばやく強く動かすことです。

英語の発音のように子音がよく聞こえる発音の仕方を

練習してみてください🎶

 

また次回も、外国人の発声からのコツを書きたいと思います!

よろしくお願いします💛