こんにちは、

ボイストレーナーCHIHOです🐱

 

前回は、英語の発音のように、

子音の音をしっかり鳴らすことで、

『強い』表現を豊かにさせる!!

ということについて書かせていただきました☺

 

今日は『地声・裏声の考え方』いうことについて少し書きたいと思います♪

 

日本人は、

「高音を出すときに地声がきつくなってきたら裏声にする」

と考えがちです。

実際に私も、昔はそうでした😂

特に若いときは高音が出やすかったし、

裏声になるとひ弱な声になるのが嫌で、

裏声を使わないように地声で頑張っていました。

 

今思えば、確かに若ければ若いほど声帯だって若いので、

無茶な発声でも高音は出ていました。

でもそれって力ずくなわけで、ちゃんと正しい発声をしていたわけではなかったです。

歌だけでなくどんなスポーツでも、

若いときは無茶してもうまくできたことが、正しいフォームにしないと

いずれ故障してしまって、取り返しのつかないことになったりします。

喉は繊細なので、一度声帯ポリープや声帯結節になると、

また元通りのように発声できるようになるには時間がかかります。

 

少し話しがそれてしまいましたが、

そうならないためにも、正しい発声を習得することが大事です✨

 

そこで、海外の発声への考え方を参考にしてほしいのです。

海外では、密度の濃い声(息が漏れていない声)を地声、

密度の薄い声(息が漏れている声)を裏声(ファルセット)と考えます。

なので、日本人が思う裏声の音域でも、密度の濃い声を地声と考えます。

それが、ミックスボイスです☆

ミックスボイスという発声を日本でもトレーニングしだしたのは、

日本の長いボイストレーニングの歴史の中でもここ15年ぐらいでないでしょうか?!

15年といっても、日本にミックスボイスという言葉が浸透し、

Youtubeなどの動画でトレーニング方法がアップされだしたのは、

ここ数年な気がします。

 

「地声を出すのに力んで無理な音域になったから裏声にする」という考えをやめて、

いつもなら裏声になるような音域でも、

「裏声を出す体感で地声のような声色を出す」という風に考えて、

ミックスボイスを習得するためのトレーニングをしていきましょう。

 

ミックスボイスでの高音は地声で頑張ってます!という高音とは違い、

力みのない分スタミナもありますし、ピッチもずれ知らずになりますし、

いいことづくしの無敵になれます☺

どんな素晴らしいアーティストでも、私たちと同じ人間です。

正しい発声練習で努力をすれば、いつかきっと習得できるはずです♪

人間無限!!!

私がレッスンでよく使う言葉です(笑)

 

外国人の発声からマネすべきコツたちや考えを

3回に分けて書かせてもらいましたが、

日本人の声の良さをより引き出せるためにも、

盗めるところは盗んで、

更にいい歌を唄っていきましょ~🎶

 

よろしくお願いします💛