こんにちは、

ボイストレーナーのCHIHOです🐱

 

今日は裏声について書きたいと思います。

 

皆さん、裏声に対してどんなイメージがありますか?

「息が漏れているような声」

「やわらかい声」

「ボリュームが出ない」

「地声が出なくなったら裏声にする」

など、色々裏声に対してイメージがあると思います。

 

裏声が苦手な人は、発声うんぬんの前に、

そういうイメージが発声の邪魔をしている場合があります。

 

前、ミックスボイスが出来るぐらい発声に対して色々意識が出来ている生徒さんが、

フレーズの中の裏声がすごく発声しにくそうで、カスカスしていたのです。

カスカスするということは息が必要以上に漏れていたんですね。

でもミックスボイスが出来るということは、

“息が漏れないように声帯を閉じる力のコントロールが出来る”ということです。

なのに、なぜ裏声でカスカス息が漏れてしまったのか、、、

 

まさに裏声に対するイメージが「息が漏れているようなやわらかい声」だったために、

そうしようとした結果、息をたくさん使ってしまい、上手く裏声を扱えない状態になっていたのです。

そんなに息漏れた感じにしなくていいんだということだけで、

発声は一気に良くなりました🎶

 

声は見えないものなので、イメージがとても大事です。

これは裏声だけに限りません。

声のイメージが正しく作れていないと、上記の例えように

筋肉の動きが悪くなり発声に問題が出ます。

 

発声しようとしている声のイメージを正しく持てるよう、

合っているのかわからない人はトレーナーに聞いてみてくださいね🎵

 

よろしくお願いします😊