こんにちは!アイオンボーカル教室のTASEYANです!

今回の記事ではボイストレーニングをする際、「マンツーマンで指導してもらう方が圧倒的に上達する」理由を僕なりにまとめてみました。

 

 

ボイストレーニングは「声帯のストレッチ」であり、「筋トレ」

身体のストレッチや筋トレも、自分でするより、ジムに通ってトレーナーさんに指導を受けた方が効率よく筋肉がつきますよね!

集団レッスンだと、どうしても先生は一人一人に目がいかず、リップロールなどの基礎重視のレッスンになってします。

生徒さんのレベルも違うと思うので、発展した応用レッスンはしにくくなります。

実際僕も専門学校時代に集団レッスンを受けていましたが、あまり内容が記憶にありません。

卒業後に通った個人レッスンの方がためになっています。

個人レッスンだと相談もしやすいですし、先生のたった一言で解決してしまうような目から鱗の展開もしばしば、、、

むやみやたらに発声していると喉を痛めてしまうこともあるので注意してくださいね。

 

自分では分からないことが多い

このメロディーラインで合っているのか?

どうすれば高い声が出るのか

どこに声をあてればいい声が出るのか

などわからないことがあっても、集団レッスンではなかなか解決しません。逆にそれで原因がうやむやになり、歌えるようになったつもりになる方もいます。

専門学校や大学の授業でボイトレのレッスンを受けている人は、どんどん先生にわからないことは相談しましょう!

僕も高校生の時、音楽の先生に個人的に相談しに行ったら、音楽室でマンツーマンレッスンしてくれました。

やはり、何事も勇気を出して行動するのが大事だと改めて感じた瞬間でした。

 

一人一人悩みが違う

集団レッスンは、自分ができなくてもどんどん先に進んでいきます。

中には全く音程が取れない、自分がどの音程で発声しているのか分からない方もいます。

個人レッスンでは、そういった歌に対する極度なコンプレックスを持つ人にも対応できます。

先日友達のカホン奏者と一緒に演奏していて、その人は幾人ものシンガーソングライターのサポートをしているのにすごく歌が下手だという話になって、

たまたま鍵盤もあったので、遊びがてら歌ってもらうことになりました。

その人も、自分が出している音がわからず、最初は曲の音程もほとんど合っていなかったのですが、

ものの数十分で7~8割音程が合うようになりました。

一緒に居合わせた他のミュージシャンもびっくりしていました。

しかし時間が経てばまたもとに戻ってしまうと思うので、本気で克服したいなら継続した本格的なレッスンが必要なのかなと思います。

僕はミュージシャンのカホンサポートをしていても、それだけ間近で上手い歌を聴いていても上手くならないんだということに少しびっくり(笑)

その人はメジャーデビューしたアーティストにも、デビューする前にカホンのサポートをしていたのだとか。

まとめ

本当に歌で悩んでいる方は、やはりボイストレーニングに通うことをおすすめします。

個人レッスンとなると少し値段は張りますが、

人前で気兼ねなく歌えるようになったり

歌えるレパートリーが増えてカラオケで盛り上げるのが上手になったり

歌以外にも、堂々とスピーチが出来るようになったり

対面で人と話すのも苦にならなかったり、

人生がより豊かになると思いますよ!

アイオンボーカル教室では無料体験レッスンを実施していますので

興味を持たれましたら是非受講してみてくださいね!

参行になりましたら嬉しいです!

TASEYAN.