こんにちは、

ボイストレーナーのCHIHOです🐱

 

前回は、「声量をアップさせるためにハリのある声を」ということで、

発声時の声帯の振動に隙間のない=息の漏れのない声を取得するための

エッジボイスの練習方法の動画をご紹介しました🎵

 

今回は前回に引き続き、声量アップのトレーニングをご紹介します

声量を作る要素は、3つ!!

 

前回やりました、息の漏れのない声を作る(芯のある声)

そして今回テーマの、息のスピード(圧力)

あとは響きを良くするための基本、のどを開く(太声)

というこの3つで、簡単に無理なく声量を作れます🎶

悪い声量の作り方は、息の量を増やしてしまうことです。

息の量が増えると、それだけで声帯にはどんどん負担がかかり、

その歌い方でずっと強めで歌ってしまう人は、何曲か歌って声が枯れてきたり

のどが疲れてきたりしてしまいます💦

 

こちらのブログも参考にしてください🎵

ラクに大きい声を出す

 

表現力として必要不可欠な、強弱変化は息のスピード(圧力)によって簡単に変化させれちゃいます😁

はじめはそのスピード加減をどのぐらいしていいかわからないと思いますが、

動画でやっているように、弱→強へと声を変化させてみて、

それが聞き手に対してわかりやすく変化できてるかどうか、

録音したりして確認してみてください。

そうやって客観的に聞くことで、どのぐらいの加減でこれぐらい変化するのかというのを

つかんでもらえたらと思います🎵

 

よろしくお願いします😊