こんにちは、

ボイストレーナーのCHIHOです🐱

 

前回の「花粉症の薬による喉の渇き」の内容の中で、

声帯は傷つくと治りにくいと書きましたが、

そのことについて今回は書きたいと思います🎵

 

まず、なぜ治りにくいのかというと、

傷などは、血液が栄養と酸素を運んでくれることにより回復していきます。

喉の血管は非常に細いため、他の体の部位より治癒期間が長くなりやすいのです。

 

そして、回復が遅いと最悪、声帯ポリープや声帯結節になってしまいます。

※声帯ポリープ・・・内出血によって片方の声帯が膨らんだ状態。

※声帯結節・・・左右の声帯表面にタコができるもの。

これらが出来てしまうと、安静療法をとらなければならなかったり、

声帯ポリープだとほとんどは手術適応となります。

 

そこまでいかなくとも、

風邪や、声の使い過ぎでも声帯は炎症したりします。

 

そうならないためにも、正しい発声を身に付けて、

声帯に負担がないよう努めないといけないですね🌟

あとは前回のブログでも書きましたが、

乾燥からも炎症が起こりやすくなるので、

小まめに水を飲んだり、飴を舐めることも大事です🌟

 

生徒さんの中でも、風邪からの咳が長く続いて声帯に負担がかかり、

完全に声が回復するまで結構時間がかかった方がいます。

咳は声帯に負担がかかりやすいので、

咳止めなど服用してなるべく負担をかけないようにしたいですね。

ちなみに咳払いも良くないので注意です😅

 

私たちの楽器はとても繊細なので、

大切にしてあげましょ~ね😄